*Chiffon*の部屋 | TOP > ◆幸せにつながる出逢い・・・~
2012.09.10 (月)

◆幸せにつながる出逢い・・・~

       〈私の花のアルバムより〉
img01714.jpg

~生きかたの選択~

私が、人生を見つめ直すきっかけとなったのは、病気です。
以前のブログにも書きましたが、4ヶ月間入院生活を送りました。

めったにはかからない病気だそうです。
その病気にかかると、ほとんど助かる人はいないということを聞いたのは
治ってからのことでした。
(療養中に聞かされていなかったので、余計な不安や心配もなく、生きる気力を失わずにいられました。
まさか、この私が死んでしまうとは夢にも思っていませんでしたから・・・
今では、知らされなかったことに感謝しています!)

ですから、
「これは、神さまが休めと言ってくださっているのだわ・・・ありがたいことです!」
なんて思い、のんびりすることを決め込んで、開き直っていました。
好きな本を読んだり、好きな音楽を聴いたり、英会話を勉強してみたり・・・
食事は待っていたら出てくるし・・・?!
病気の痛み(毎朝の血液検査や、ずっとつながれている点滴は辛かったです・・・)さえなければ、
とっても優雅な生活でした!



さらに良かったことは、4ヶ月も入院したので、
その間、ここでさまざまな人間模様を見ることができたということでした。

今日は、その中でも、特に印象に残っている
『二人のおばあさんの話』をしたいと思います。

一人目のおばあさんは、手術前で不安になっている私を励ましてくださったり、
とても優しいおばあさんで、娘さんたち、お二人が、毎日お見舞いに来られて
おばあさんを気遣いながらもいつも明るく楽しそうでした。

一方、もう一人のおばあさんは?というと・・・
いつも文句を言っては、看護婦さんたちを困らせ、
一人いらっしゃる息子さんも、めったにお見舞いにも来られませんでしたし
せっかく来られても、イヤイヤ来られているみたいに見えるほど・・・

こちらのおばあさんは、誰にも相手にされなくて、本当は寂しかったのだと思います。
だから、ますますわがままになり、悪循環・・・
毎日、大きな声でひとりごとを言ったり、はたまた、うたを歌い出したりして、ビックリさせられていました!

この対照的なお二人のおばあさんを見ていて、
「将来、歳をとったとき、どっちのおばあさんになりたい?」と
しみじみ自問したのを覚えています。

「同じ歳をとっても、こうまでちがうものなのだ・・・」

この長期間の入院で、私は、自分の幸せのことをしっかりと考えることができました。
病気になったのは、「今の生活はまちがってますよ」という神さまからのメッセージだったのでしょう。
「今までの生きかた(結婚生活)は、私の幸せにつながらない・・・」と気づきました。

奇跡的にも、完治することができ、今の私があります。
今こうして生かされていることに、こころから感謝しています!



今日、ステキな言葉に出逢いました!
“一番大事なのは、出逢う人”
“いい人に出逢うといろんなものをもらう”

           ~高倉健さんの言葉です(NHKのインタビュー番組より)~



私には、まだやらなくてはならないことが、きっとあるのでしょう・・・!
気づきをくださったお二人のおばあさんに感謝します・・・





 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chiffon01.blog.fc2.com/tb.php/73-79d72884