*Chiffon*の部屋 | TOP > 神さまがくれた能力・・・
2012.07.16 (月)

神さまがくれた能力・・・

   庭の花です
DSCF0024.jpg


◆“『慣れる』と『忘れる』は、神が与えたさまざまな苦難を生き抜くために与えられた能力”
佐藤愛子『私の遺言』より


◆“辛いことがあっても、昔から京都で言われている『時くすり』が治してくれる”
私の尊敬する瀬戸内寂聴さんに、教えていただきました。


◆“忘れることが新しい道へ踏み出す一歩である”
宇野千代『行動することが生きることである』より




『忘れる』ということは、悪いことではありません。

とても辛いことがあっても、「いつか、これも忘れてしまえるはず・・・」と思って

もう忘れてしまっている自分を思い浮かべてみてください。

「時くすりに治してもらおうっと・・・」そのくらいに思って放っておくことです。

辛いことに引きずられるのは、とても損なこと。

マイナスの気分はマイナスのことを引き寄せてしまうから。


[ここで、何を学ばなければならなかったのか]と

自分を振り返ってみたあとは、前を向くしかありません。

どうにもなりそうもないことは、サッサとあきらめましょう!

そうして新しい道を歩めばいいのです。

新しい道はいくらでもあるのですから・・・

神さまは、人が強く生きていけるように、この『忘れる』能力を与えてくれているのです。










行動することが生きることである 生き方についての343の知恵 (集英社文庫)行動することが生きることである 生き方についての343の知恵 (集英社文庫)
(1993/10/20)
宇野 千代

商品詳細を見る



私の遺言 (新潮文庫)私の遺言 (新潮文庫)
(2005/09)
佐藤 愛子

商品詳細を見る
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chiffon01.blog.fc2.com/tb.php/16-69872c4c