*Chiffon*の部屋 | TOP > CATEGORY > 感動したこと
2012.10.16 (火)

◆ツキを引き寄せるコツ

          img0014-32.jpg
                      *今日のメッセージ*
                    気持ちを明るく保ちましょう!
                       



          ~運の良い人になる~
        
      楽しいと運が寄ってくる!
      気分が良ければ運が来る!
      気持ちのいい人と接すると運が巡ってくる!
      シンプルさが運を生む!

    


    

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
今日は、一日家にいました。
庭を少しだけキレイにしました。

私の庭は、ちょっと不思議な庭です。
庭に降りて歩くと、まるで林か山の中を歩いている気がするのです。

今まで気が付かなかった植物が生えていて、感激したり、
一面にパイナップルセージが育っているので、
その中を歩くと良い香りがしてうっとりしたり・・・。

今日の一番の発見は、まるでレースのような華麗な蔓(つる)。
一見、シダかと思って手に取ると、なが~い蔓でした。
(いつか、写真に撮ってご覧にいれます。)

のんびりできて、とても幸せな一日でした・・・!






 
2012.10.06 (土)

◆立命安心・・・

       img0020.jpg 
                     *今日のメッセージ*
                  すべてのものがつながり合ってる

  
              ~幸せになりたい人へ~

        『寂しさ』から抜け出すには・・・?

         それ以上考えなくてすむように
         思考を止めましょう!



*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
今日、偶然目にした言葉・・・“立命安心”(“安心立命”ともいいます)

心を安らかにして、身を天命にまかせ、
どんなときにも動揺しないこと。

初めは儒学の語でしたが、主として禅宗の語として使われ、次第に広く使われるようになったそうです。
                                        [四字熟語辞典より]

やりたいことがある人、
何をやりたいのか見えていない人、
すべての人が目指すと良い言葉だと思いました。

 (実は、私は、この言葉を今日初めて知ったので
 「こんな言葉があったなんて・・・!」と、ちょっと感激しています。
  まさに私が目指しているのはこれなのかもしれません・・・)






 
2012.09.27 (木)

◆生きがいにつながるチカラ・・・◆

      〈私の花のアルバムより〉
img01730.jpg

~無償の価値~

広島県の尾道市(三原市だったかもしれません・・・)に住んでいらっしゃる後藤上太郎さんは、発明家です。

“お金儲けでやっているのではありません。
 ボランティアです。
 いつ笑顔が見れるか・・・
 その笑顔が見たいのです。”


『地域で困っている人のために役立てたい!』
という、強いお気持ちがこの方の動機なのだと言われてました。

何件も特許を持っていらっしゃるとのことですが、
今回の発明は、山のイノシシが畑や田を荒らして台無しにする被害を受け、
困っている農家の人たちのためだったそうです。

それは、大きな『イノシシのぬいぐるみ』をつくって畑に吊るすというもの。
ただの茶色いぬいぐるみではありません。
ブタの脂(あぶら)を加工して、いかにもイノシシの死臭に似せた匂いを
そのぬいぐるみに染み込ませてあります。
イノシシは、そのぬいぐるみを『死んだイノシシ』だと思い
動物の勘で『死』を恐れて近づかなくなるそうです。

発明家の後藤さんは、時間をかけて、その発明したぬいぐるみを
一つひとつ手で縫っていらっしゃいました。
そうして、出来上がったぬいぐるみをご自分の手で、
農家へ届けるのです。

相手の喜んだ顔を見て、後藤さんもとても嬉しそうにしておられました。

このぬいぐるみを吊るした田や畑は無傷だそうです。

むやみに、イノシシを殺したりすることもなく、
血を見ないで解決できるものなのだと気づかされました。


どこか別の地域で、野良猫の被害を解決したところもあると聞きました。
エサを決まった場所で与え、トイレがわりのプランターを用意し、
すべてのネコに避妊手術をし繁殖を防ぐということで
『地域ネコ』として育てる・・・。

害になるからと、短絡的にすぐ処分すれば良いわけではありません。
ネコがいなくなると今度は、ネズミの被害が出てくるかもしれません。
ネコがいるおかげで、ネズミの被害もなく済んでいるとも考えられますよね。



この世は、絶妙なバランスで成り立っています。
人間の勝手ばかりで、物事をすすめると良くない場合があるということ。
(原発問題も、かなり、このことと関連しているのでは・・・?)

私たちが何かをしようとしたときに、
その根底に何があるのかが、とても大切なのだと思います。

そこになくてはならないのは・・・言うまでもなく “愛” ですよね・・・!











 
2012.09.22 (土)

◆神の手を持つ人・・・

         〈私の花のアルバムより〉
img01713.jpg


~天皇陛下の執刀医 天野篤氏の言葉~
                       (今朝のテレビ番組を見逃した方のために・・・)

“出る杭は打たれると言われるが、
3倍くらい出すぎると
出すぎた杭は打たれない・・・
頂きの強さを見せつけてやる”

そう、思って突き進んだとおっしゃってました。

“どんなときでも、絶対に妥協しない”
“患者さんに敬意をはらい、真摯に対応していく”
“手術は、速ければ美しい・・・しかし、今では
ムダのない速さでなければいけない!と思っている”


やれることを、最大限にやっている人の言葉はちがいますね。
自信にあふれ、迷いがない・・・
そのうえ、余力のあるバイタリティを持っている・・・!

本当に、惚れぼれします!(私はこういう人が大好きです!)
素晴らしいとしか言いようがありません!
もちろん、ハングリー精神もあり、
きっと、劣等感をバネにできる人なのですね。

打ち込めるものを見つけた人は、こんなにも強く生きていくことができる・・・!

みなさんも、見つけてください!
探せば、見つかるはずですから。




 
2012.09.01 (土)

◆人生っておもしろい・・・!

   〈私の花のアルバムより〉
img01720.jpg

~最近話題になったこと~

みなさんも、もう、よくご存知かとは思いますが、
先日、スペイン北東部の教会にあるキリストのフレスコ画を
80歳の女性(自称画家)が修復したところ、
なんと、キリストがまるで猿のようになってしまったということです。

まわりのひんしゅくを買ったかと思いきや、
その話を聞きつけた人たちが、その絵を一目見ようとドンドン集まりだし、
返って地域の人たちに感謝されているそうです!

「修復を頼まれたから、私は描いたのよ」と
彼女は、インタビューに毅然とした態度で応えていました。

彼女なりに最善を尽くしたという自信でしょうか・・・
まるで、「こうなったのは、神さまの思し召しですよ」という、信仰心からでしょうか・・・
私は、そのように言える彼女をとてもうらやましく思いました。
また、すばらしいことだと感動しました。

人生ってこれだから、とてもおもしろいのですね。

思い通りにいきそうになくても、想像もしなかった方法で
結果的には思い通りになった・・・ということは、本当によく聞く話です。


私も、お金に何不自由のない、傍から見ると幸せそうな結婚生活(実際は幸せではありませんでしたが・・・)
を、手放したからこそ、結果的に、自立できたり、自由を手に入れたり、
キャリアを積んだり、はたまた占い師になったり・・・と
今の自分があるのだと思います。

人生どこでどうなるかわかりません。
もちろん、心穏やかで平安な生活を送れるのが一番だとは思いますが、
波乱の人生もまた、捨てたもんじゃありません・・・!

これから何があっても受け入れ、また、
それを自分のチカラで切り開いてゆきたいものです。
(本当はいつも神さまが手助けしてくださってる・・・?)

この世から去る時に、満足した人生だったと思えれば良いのです。
納得のいく人生だったかどうか、
それを決めるのは、他の誰でもなく、自分自身なのですから・・・!


 
2012.08.16 (木)

◆光輝くモノ・・・

 実は、私の龍は 仲良く2頭いるのです・・・!
龍 (1)


今日のNHKの番組、みなさんはご覧になられたでしょうか?

『壁を乗り越えた“伝説”のランナー』ウサイン・ボルトと
『“魔物”との戦いに打ち勝ったミラクルボディ』内村航平(敬称略させていただきました)の取材でした。


《ウサイン・ボルト》
◆弱点にばかり目を向けてしまうワナにはまっていたことに気づき、
 スタートに囚われるのを止め、スタートへのこだわりを捨て
 強味の後半50mのトップスピードで勝負することに切り替えた
 「やるべきことはすべてやった」と言い切れるところまでやって勝利を掴んだ
  

《内村航平》
◆集中して自分の演技をするということだけ考えた
 自分のことをいくらみんなが見放しても自分だけは見放さなかった
 金メダルを取ることのできた演技で、ようやく、自分が自分であるということが証明できたと思った
 オリンピック2連覇は、自分を受け入れることで掴んだ



私たちが学ぶべきことが、ここに、たくさん詰まっていると思いました。
◆自分の弱点に目を向けるのではなく、強味を伸ばすことで羽ばたけるということ
◆こだわりを捨てることで、余裕もでき、目標が明確になるということ
◆やるべきことはやったと言えるまでやること
◆自分で自分を見放さないということ
◆自分を信じるということ
◆自分を受け入れるということ
◆自分が自分であるということの証明をするためにも、精一杯生きていくことがいかに大切かということ・・・





◆本当に光輝くものは、プレッシャーの先にしか見えない・・・
                           〈ロンドンオリンピック・アスリートの言葉より〉
私たちも、少しでもメダリストたちに近づいて、私たちなりに、光輝くモノを見つけたいですね・・・!